ザゼンソウ

春子谷地周辺の道端には、ずう~っと、ミズバショウ等が生えているが、春子谷地から
車で10分くらいの花沼には、ミズバショウとザゼンソウが、一緒に生えている。
ザゼンソウは、雪を溶かして出てくるという発熱植物なので、ミズバショウよりかなり早く
出てくる・・だから、もう終っているかな・・と思ったけど、春子谷地のついでに寄ってみた。

画像


やっぱり、もう花は、萎れて葉っぱが大きくなっていた。

画像


ザゼンソウは、座禅する僧に見えるということから付いた名前だと言うが、僧にも見えるかも知れないが、見方によっては、メルヘンチックに見えたり、不気味に見えたりする。

画像


画像


画像


去年の花沼
http://bakke.at.webry.info/200704/article_31.html

ザゼンソウの傍には、キクザキイチゲもひっそりと咲いていた。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月19日 21:13
今年もありがとう~~
去年初めて知って、初めて本物にも会えて、すごくうれしかったのを覚えています。
キクザキイチゲは少し色が付いていますね。
蕗ちゃん
2008年04月20日 15:36
山形ママンさん、今日は。毎年、同じ所に同じ花を見に行って・・そして、今年も同じ花が見られた事に感謝しています・・(゜o゜)
2008年04月22日 22:41
同じ場所にあるなんて! ホントに贅沢な場所ですね~! 自分は民宿の庭からアズマイチゲの花を採って来ました。でも付かなそう・・・根が採れないんですもの。
蕗ちゃん
2008年04月23日 11:01
mintさん、こんにちは。確かに贅沢かもしれませんね・・。一度に見られますから・・もうちょっと行った所の方が本当はきれいで両方沢山あるんですけど・・年々近い方になってしまいます。

この記事へのトラックバック