コブシ咲く北国の春♪

時ならぬ初夏の陽気に草木は、慌てて季節に合わせようと芽吹いたり、花を咲かせたり大忙しのようだ・・道端のコブシも桜に遅れをとってはならじ・・と、大慌てで花を咲かせたようだった。

画像


画像


コブシは、昔、種まき桜と言われていた。コブシが咲きはじめると農作業も始動する・・そして岩手山には、「種まき坊主」の模様が現れる。黄昏時の岩手山では、模様までは見えないが・・。


画像

                岩手山の脇に日が沈む・・。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月21日 07:00
コブシが咲きましたね。つい歌が口をついて出てまいりますね。花に葉が1枚ついていると本には書かれていますが1枚とは限らないからこの話は実物を見るとあやしい?誰かがいうと本当だと信じてしまうところが怖いと思いましたが。
蕗ちゃん
2008年04月21日 12:00
目黒のおじいちゃん、今日は。コブシは、子供の頃から身近な植物ですので、あまり色々考えたこともありませんが・・私は、昔は、花の名前も多少は、気にしたりしていました。でも、最近は、もう名前や難しいことは、どうでもよく、毎年、同じ所で同じ花を見るのを楽しみにしているだけなんです。まあ・・言ってみれば、花は、私の精神安定剤とでも言ったらいいでしょうかね・・。それ以上のことは、もう求めませんね。
2008年04月22日 10:36
美しい夕日に山も美しい形を見せていますね。

毎年同じ所で同じ花を見る……のを楽しみにしている…とってもすてきな、生き方…ですね。
蕗ちゃん
2008年04月22日 22:33
山形ママンさん、こんばんは。毎年、同じところで同じ花を見るのを楽しみにしているのですが、年々、見に行ける範囲が、狭まって来て、最近は、ほんの近場だけになってしまいました。

この記事へのトラックバック