あけび

友だちから「出し忘れているうちに季節はずれになったけど・・」と届いた星野富弘詩画絵葉書「あけび」・・。
「こういうものは、何時だっていいのよ・・優しい色合いで素敵・・」と私。

画像


偶然、同じ日に、もう一つ星野富弘詩画が届いた。JAF Mate 12月号・・「初冬」さざんか

画像


山茶花で思い出すのは、焚き火・・しかし、今は、焚き火と言う冬の風物詩は、もう過去のもの。規制が厳しく、殆ど見られなくなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

あっこちゃん
2010年11月24日 22:44
JAFの冊子、我が家にも届いていました。
いつも楽しみな星野冨弘さんの絵ですね。
♪~さざんか、サザンか咲いた道~♪
そういつの間にか焚き火が出来なくなりましたね。
落ち葉焚きのあの香り・・・そしておイモも焼きたいし・・・懐かしい冬の風物詩ですね。
蕗ちゃん
2010年11月25日 00:26
あっこちゃん、今晩は。そうですよね・・♪~さざんか、サザンか咲いた道~♪ 
落ち葉焚きで焼き芋を食べたのは、何年前だったでしょうか・・遠い昔のことになりました。

この記事へのトラックバック