3月の給油のお礼に・・

東日本大震災・・それは、信じられないようなというか、今まで見たことも聞いたこともないような震災だった・・そしてその後に起きたことも、また信じられないことばかりだった・・店から食料品、電池、携帯用ガスボンベ等々の品物が姿を消した。その上、ガソリンもスタンドから消えてしまった。どこのスタンドでもガソリンが入れられない状態が続いた。ガソリンは無い、高速道は止まる、電車は動かない、移動の手段が無くなった。

仙台から片道燃料で避難してきた知人、出張先で地震にあったおじさん、10日経ってもガソリンが無くて、帰る方法が見つからなかった。
あそこのスタンドが開いているらしいと駆けつけても、終わっていたり・・9時間も並んでやっといれられても千円分しか入れれてもらえなかったり・・お得意さまだけと、入れてもらえなかったり・・。停電、断水の上、ガソリンまで無いという信じられない事態が続いていた。
一番困ったのは、多分、遠くから用事などで来ていた人たちではなかったかと思う。そんな時、お得意さまだけなどと言わずに並んだ人に整理券を出してくれたスタンドがあった。おじさんたちは、そのスタンドで整理券を貰って給油が出来て、やっと3月末に仙台に帰って行くことが出来たのだった。

画像
(給油とは関係ないが・・妹が送ってくれた石上神宮の有難~いお牛さま、妹の話によると、見るだけでもご利益があるらしい・・)

お得意様に給油するのは、心情としてわかるけど、あの時、一番困っていたのは、遠くから来ていて帰れないでいた人ではなかっただろうか・・。災害時は、やっぱり平常時とは違うのだから、困っている人を助けなければならないんじゃないか・・などと思ったりしていた・・。それで、今日は、給油をすることになって、生活圏からちょっとはずれるけど、整理券を出してくれたスタンドに行ってみることにした。行ってあの時のお礼を言わなくては・・と思って出かけた。

「3月の大変な時に、整理券を出していただいて、ほんとうに助かりました。有難うございました。」
・・お礼を言って、ポイントカードをすすめられたので作って貰ってきた。これからも時々利用することにしよう。

「お礼にいかなくちゃ・・」と、3月からずっと思ってて、やっと行って来れたので、ちょっとほっとしている。



牛つながりで野田の塩べこの話
http://bakke.at.webry.info/200808/article_21.html

http://bakke.at.webry.info/200902/article_19.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

たけ
2011年05月16日 08:28
こんにちは

東北の人は我慢強いし情が深い大好きです。

今年は行けなかった小岩井も蕗ちゃんさんのおかげで見ることが出来ました。ありがとうございます。

がんばり過ぎないようにしてくださいね
nona
2011年05月16日 20:10
こんばんは
長野はガソリン不足ではなかったのですが、ちょうど娘の引っ越しで東京へ行く時期と重なり東京方面もガソリン不足と品不足でパニックでした。
有り難いお牛様、塩の道のベコみたいで癒されます。
ふるさと納税で故郷に寄付しました。野田の塩や干し菊が送られてきました。
蕗ちゃん
2011年05月17日 00:12
たけさん今晩は。たけさんに東北の人は我慢強い(私は、あまり我慢つよくないですけど・・)とお褒めを頂いて・・そうだ、丑年の元日に高村光太郎の「牛」という詩を書いたはず・・と見たら、もう牛年のは、消えていました。
東北人は、確かに牛のような所があるのかもしれませんね。
蕗ちゃん
2011年05月17日 01:01
nonaさん、今晩は。野田村は、私も50年ほど前に数年住んでいた所ですので、特別な思いがあります。時々訪れてみたくなるのですが、ここ2年ほど行っていませんでした。3年ほどまえには、ブログにのせてます。それから、塩を運んだ牛の像は、盛岡の千手院になで牛になっています。撫でると色々ご利益があると言われています。
上にURLを乗せておきましたので、よかったら覗いてみてください。
野田の塩は、あまり量産されないので、一人一個とか2個とか制限されていましたが、今度の災害で塩も野田駅もどうなったか心配です。
nona
2011年05月17日 12:41
こんにちは
驚きました!野田に住んでおられたことがあるとは、うれしく思います。ただ50年も前だと私はまだ生まれておりません、もしかして蕗ちゃんさんは先生だったのですか?
もし先生で赴任してこられたのなら年の離れた姉達がいますので、お世話になったかもしれません。
野田の塩の道やベコの話読ませていただきました。野田の駅は健在です、駅の手前で津波が止まったそうです。懐かしいお話を読ませていただいたら塩の道を歩いてみたくなりました。
蕗ちゃん
2011年05月17日 16:41
野田村出身のnonaさんに塩の道の話、読んでいただけてよかったです。駅周辺が健在とのこと、ほっとしました。防浪堤が防いでくれたんでしょうね。
野田村に住んでいた頃は、今のように情報が無い時代でしたから、地震と言ったら、すぐに高台に逃げていました。津波が川を遡って来ることも知りました。十勝沖地震にチリ地震津波など経験しましたが、その頃、nonaさんは、生まれていらっしゃらなかったんですね・・。
塩の道、結構人気のようです。nonaさんは、お若いから是非、歩いてみてください。私もあと30歳若かったら、多分、歩いていたと思います
めたばばりん
2011年05月18日 17:11
この牛様は、石上神宮のものです。大神神社ではいつもそうめんをいただいております。
蕗ちゃん
2011年05月18日 17:52
めたばばりんさん・・あれま、失礼をば致しました。直しておきました。あのキカナイ鶏さんのいる神社ですね。

この記事へのトラックバック