旧南部家別邸庭園(盛岡市中央公民館) 落ち葉の小路

ここは、回遊式の庭園・・。池を半分回った所からは、目の覚めるような落ち葉の小路だった。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年11月23日 15:21
こんにちは♪
この赤い絨毯はどこまで続くの?っていうくらい素晴らしい小路です。
言葉に出来ない美しさがありますよね~
蕗ちゃん
2012年11月23日 17:34
せんこさん、今晩は。
そうなんです。私の写真では、表せませんが、ほんとに「息を呑む」とは、こういうことかと思います。
2012年11月23日 19:18
凄いです!見事なまでの真っ赤!ホントに目が覚めるとはこういう場面で使える言葉なのでしょうね。
omega
2012年11月24日 08:29
目の覚めるような紅葉と落ち葉の小道、・・・歩いていてどんな気持ちでしたか?赤い絨毯より素敵だったのではないかと想像しています。しかし、すばらしい紅葉ですね。さすが、由緒ある方のお庭だと思うとともに、庭師の方が、選んで植えられただろうなーと、遠く昔の人々に
心をはせてしまいます。
また、カメラに収めた構図?も素晴らしいね。どれもこれもいいですね。こんなにあったらどこにピントを当てたらいいか迷ってしまいますのに。
絵にもかけない美しさ・・・うたの歌詞を思い出します。
絵に描くという気持ちも恐れ多くて描けない気持ちになります。でもー描いてみたイーー。すぐ筆を置かざるを得ないかもしれないけど。
蕗ちゃん
2012年11月24日 10:19
mintさん、今日は。
この数年、ここの紅葉は、毎年見ているのですが、何度見ても、息を呑むような風景です
蕗ちゃん
2012年11月24日 10:34
omegaさん、今日は。ここは、いつかomegaさんと歩いて見たい小路でした。もうちょっと若ければよかったです
絵にもかけない美しさ・・何の歌だったろうと・・呆けた頭をフル回転させて考えました・・浦島太郎の歌ですね・・
文句言い
2012年11月25日 00:26
すごい!
京都の有名なお寺でも、ここまで綺麗なのは。
秋に帰省しないから岩手の秋の風景は有難いです
蕗ちゃん
2012年11月25日 14:49
文句言いさん、今日は。ここの庭園の実際の紅葉を見ていただけないのが残念です。ここの楓などは、京都から取り寄せたものなんだそうです。そのせいでしょうか・・私もここの紅葉を見ると、京都の紅葉を思い浮かべてしまいます。

この記事へのトラックバック

  • 雪景色(旧南部家別邸庭園)

    Excerpt: T、Oさんの写真展の会場が、中央公民館だったので、帰り際、ちょっと冬の庭園をのぞいてみた。秋に来たときには、真っ赤な絨毯を敷いたようだった小路も今は、真っ白・・静まり返っていた。寒いのでちょっと覗いた.. Weblog: 蕗ちゃんの道草日記 racked: 2013-02-10 12:02
  • 旧南部家別邸庭園(盛岡市中央公民館) ②

    Excerpt: 中央公民館の庭園でも、楓だけは、今年の異常なお天気の影響をあまり受けなかったのか、紅葉が普通に鮮やかだった。桜やドウダンは、紅葉することなく散ってしまっていた。特にドウダンは、無残な姿だった。 Weblog: 蕗ちゃんの道草日記 racked: 2013-11-10 09:50