東日本大震災その後 ガソリンと石油

車依存の生活を送っている者にとっては、ガソリンは生活必需品だが、そのガソリンが突然無くなるということが8年前の震災時には起きていたのだった。ガソリンがないという事は、石油も無いという事なので、まだまだ暖房のいる時期、本当に困り果てたのだった。しかし、そんなことも年数が経つにつれて記憶が薄れてくる。やはり、このような事が起きたという事は、忘れないようにしなくてはならないと思う。その他にも、都市部では帰宅困難者も大勢でていたし交通機関等はストップするし、道路は壊れるという状況が起きていた。震災時には、こういうことが起こりうるのだという事、語り継いでいかなければならないと思う。

画像
                         白鳥の北帰行


2011・5月16日の日記

3月の給油のお礼に・・

東日本大震災・・それは、信じられないようなというか、今まで見たことも聞いたこともないような震災だった・・そしてその後に起きたことも、また信じられないことばかりだった・・店から食料品、飲料水、電池、携帯用ガスボンベ等々の品物が姿を消していた。その上、ガソリンもスタンドから消えてしまった。どこのスタンドでもガソリンが入れられない状態が続いた。ガソリンは無い、高速道は止まる、電車は動かない、移動の手段が無くなってしまったのだった。

他県から片道燃料で避難してきた知人、出張先で地震にあったおじさん、10日経ってもガソリンが無くて、帰る方法が見つからなかった。
あそこのスタンドが開いているらしいと駆けつけても、終わっていたり・・9時間も並んでやっといれられても千円分しか入れれてもらえなかったり・・お得意さまだけと、入れてもらえなかったり・・。停電、断水の上、ガソリンまで無いという信じられない事態が続いていた。
一番困ったのは、多分、遠くから用事などで来ていた人たちではなかったかと思う。そんな時、お得意さまだけなどと言わずに並んだ人に整理券を出してくれたスタンドがあった。おじさんたちは、そのスタンドで整理券を貰って給油が出来て、やっと3月末に帰って行くことが出来たのだった。

お得意様に優先的に給油するのは、心情としてわかるけど、あの時、一番困っていたのは、遠くから出張などで来ていた人ではなかっただろうか・・。災害時は、やっぱり平常時とは違うのだから、困っている人を助けなければならないんじゃないかと思う。
今日は、給油をすることになって、生活圏からはちょっとはずれるけど、困っているときに、お得意様などと言わずに整理券を出してくれたスタンドに行ってみることにした。あの時のお礼を言いに行くことにした。

「3月の大変な時に、整理券を出していただいて、ほんとうに助かりました。有難うございました。」
やっとお礼を言うことができてほっとした。ポイントカードをすすめられたので作って貰った。こういう、有難いスタンドは、これからも時々利用することにしようと思っている。

地震除け 笑福 鬼 (赤)おに/鬼/雷//オニ/お祝い/プレゼント/マイホーム/玄関/怖い/地震/ナマズ/災害/東日本大震災

価格:1,400円
(2019/3/12 15:34時点)
感想(0件)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック