1分音読・漱石先生とドイツ語 続き 福寿草

 元気の出る1分音読・漱石先生とドイツ語の続き  勿論私には、先生の邪魔をしては悪いという 気持ちは、十分にあった。それだから先生が創 作なり読書なり思索なり、ともかく「仕事」 をし始めそうな時刻になると、私はさっさと 先生のそばを引き上げて茶の間へ行き、奥さ んだのお嬢さんだのを相手に、なんということ もなく愚図愚図…
コメント:4

続きを読むread more