テーマ:食べ物

ルバーブおにぎり

4,5日前、偶然見たテレビの番組でルバーブを使った料理を 紹介していた。 私は、ルバーブでは、ジャムとパイくらいしか作ったことが なかったので、他にはどんなものがあるか、ちょっと興味が あったので見ていた。 紹介されたものの中で、一番驚いたのが「ルバーブおにぎり」 「えっ!ルバーブのおにぎり!」と驚いたけど、見ていたら 簡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんなところに苺!西わらび

20数年前に貰ったたった1本の 苺の苗が、野生化して あちこちの草叢の中に増えて・・ もう20株以上になっている。 手入れいらずの良い子ちゃんたち。 何故か、アヤメの株の中に入り込んでいる・・。                   草叢の中にも・・          …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワラビとウルイとアスパラ

今年の初蕨を産直で買ってきた。蕨を見ていて思った・・毎年この時期になると、昔の悪餓鬼だった小学校の同級生が、自分で採ったワラビだと言って届けてくれていたのだったが、去年あたりから届かない・・。どうしたのかなと思っていたら風の便りに、認知症が悪化して施設に入っていると・・。そうか、私達は、そういう年になっているのだった・・この間まで、人の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ルバーブジャム

今年は、何もかも成長が早い・・ルバーブも急に伸びている。もうジャムが作れるナ・・ ・・という事で、ジャムを作ることにした。 カットした葉柄に、砂糖を入れて煮詰めるだけ・・柔らかいので簡単にできる。 ルバーブに含まれている主な栄養は、カリウム、カルシューム、アントシアニン、ビタミンB1、B…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

上坊牧野の一本桜とランチ

昨日、友達のOさんから「上坊牧野の一本桜」を見に行こう」というメールが届いた。去年の秋に、来年は、「花の時期に行こうね。」とOさんとSさんと3人で約束していたのだった。桜も3人でと思っていたのだったが、Sさんは、体調不良で来られなかったので、Oさんと二人だけになってしまった  去年秋の上坊牧野の一本桜 3婆々…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

冥途のみやげ旅①東京ツアー(東北自動車道)

数年前におじさんたちと東京へ行った時には、新幹線で行ったので、東京駅発着だった。その時、私が「もう一度上野駅にも行ってみたい・・」と言ったらしい。でも、その時には、日程的に立ち寄る余裕がなかったので、今回80歳の記念にと(実際は81歳)ゴールデンウイーク前半に、上野方面への旅行ツアーを組んでくれたようだ。おじさんたちは「東京ツアー」と言…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

地獄の釜の蓋の開く日

小正月の16日・・真冬日は連続5日になった。今日も最低気温が-10,5℃の寒い寒い一日だった。寒い上に雪まで、どんどん降ってきて、まるで地獄の鬼たちでも暴れているかのようだ・・。 小正月の16日は、地獄の釜の蓋も開く・・というのは、70年以上も昔の子供の頃の思い出  http://bakke.at.webr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台光のページェント

おばさんが送ってくれた仙台光のページェントの写真・・一度、見てみたいなと、もうちょっと若いときには、思ったものだけど、この年になって体が大分ポンコツになってくると、テレビなどで見てる方がいいかな?と思ったりしている。 2014年の光のページェント http://bakke.at.webry.info/20…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬至の南瓜汁粉と粕汁

冬至には、もう80年近く毎年、南瓜汁粉を食べている。昔から「冬至に南瓜を食べると中風に罹らない」と言い伝えられていた。 確かに、昔は冬至の頃には、野菜の収穫も終わって、生野菜は殆ど無かったと思う。そこで保存もきくかぼちゃは特この時期の大切な野菜だったのだと思う・・かぼちゃには、カロチンやビタミンAが含まれているのだから、動脈硬化の予防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業旅行と修学旅行のおみやげ

Hくんたちの卒業旅行がドイツ・・今は、凄い、高校の時にはカナダだったしね、半世紀以上も前の私たちの卒業旅行といえば、京都、奈良、高野山だった・・ま、60年以上も前と比較しても仕方ないけどね。そのH君がお餞別もあげないのに、お土産を買ってきてくれた。ドイツだからやっぱりソーセージ・・でも、瓶に書いてあるドイツ語が読めない!60年も前とは言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酒粕スイーツ

食べる点滴と言われる酒粕で作った甘酒、夏は、冷たくして、冬は暖かくしてと、1年を通して美味しく飲める。冬になると、暑い時期にはあまり見かけない板粕が出回ってくる。板粕は、甘酒も作るが、焼くと大人の味的なスイーツが出来る。70年も昔々の戦中の頃、祖母が米麹とご飯で炬燵で温度調節をしながら甘酒を作ってくれたものだった。板粕は、大きな藁で編ん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新米

最近、物忘れに、ますます拍車がかかっているようで 食料などを、週一で配達を頼んでいるのだが、昨日配達されたものの中に、注文したはずのお米が入っていない注文書を調べたら記入していなかった。注文のし忘れだった!次の週に頼んでも来るのは2週間後だし、それまで到底もちそうがもない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉の82歳の誕生日

今日は姉の82回目の誕生日。一週間ほど前、姉は体調が悪化して救急センターに運び込まれるなどしていた。点滴など色々治療を受けて、少しは回復に向かっているようだった。しかし、年も年だし、痩せこけているので、無事に82歳の誕生日が迎えられるかどうか心配だった。それで「誕生日には、家族でお祝いするだろうから、私は前祝に誕生日の前日に赤飯を炊いて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トラックフェスタ 2015 in アピオ

トラックフェスタin アピオは、先週の日曜日だった。家から10分位の所が会場。イベントの内容は、トラック展示や体験乗車、パトカーや白バイとの記念写真、こども免許証発行、輸送戦隊『ハコブンジャー』ショーなどの他、サンマやホタテ、芋の子汁等の秋の味覚無料お振る舞い等々。               小さい子ども向けの輸送戦隊「ハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十五夜お月さんとスーパームーン ・ そしてじゃじゃ麺

            昨夜は十五夜お月さんだった。             そして、今日は、スーパームーン ついでに、今朝の東の空・・月が出ているのかと思ったが、月が出てから12時間も同じ所に止まっているわけがない。ということは、この○は、雲の中の太陽だった!                今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋刀魚、秋刀魚、秋刀魚のお振舞い

おじさんたちに誘われて、ちょっと面白いイベントに出かけての事・・。      会場の中に、何やら、とても長い行列・・。 なるほど、なるほど、秋刀魚とホタテと芋の子汁のお振る舞いでは、行列も出来るはず・・特に、今年の秋刀魚は、高値が続いているし・・しかし、炎天下、私には、この行列に並ぶ気力はない。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さんま、さんま、さんま苦いかしょっぱいか!

さんま、さんま、さんま苦いかしょっぱいか ・・ そうそう今は、秋刀魚の季節・・なのに、今年は、秋刀魚が安くならない。食べないうちに秋刀魚の季節が終わったりして・・と思いながらスーパーの秋刀魚売り場を見て吃驚!!! 一尾78円の札   何かの記念セールらしかった。何はともあれ、一尾78…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひっつみ カーネーション28個目の花  今月の標語

今日の日めくりは、ひっつみ(岩手県) 日めくりの説明によると「ひっつみ」は「小麦粉を薄く伸ばしたものを手でちぎり、お鍋の中で季節の野菜とだし汁で煮込む料理、具やだし汁は、季節によってさまざま・・・・」とある。 「ひっつみ」は、幼い頃から食べ慣れているものだけど、ここしばらく作っていなかったので、今日は作ってみる事にした。「ひっつみ」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

トマト 今日はウニの日?(ムラサキウニとバフンウニ)鰻の日?

4,5日前から、ミニトマトが毎日取れるようになってきて おじさんのお土産は、あまちゃんの久慈の雲丹・・盛り付ける前に写すとよかったのに・・ムラサキウニの方は写す前に盛り付けてしまった。「ムラサキウニとバフンウニと、どっちが好き?」と両方持ってきてくれた。色の濃い方が、バフン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花(ポポー) 簡単板粕スイーツ・生姜ジャム

ポポーの花の色が臙脂色に変わってきている。咲き始めは、黄緑色をしているのに、段々、臙脂色になっていくとても不思議な花。 夕方、満月の月がポポーの上に出ていて・・面白い。 そろそろ、板粕のシーズンも終わりになるので、今シーズン最後の簡単板粕スイーツを作った。                    板…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

戦国焼き鳥「秀吉」

墓参の後の「ご苦労さん会」は、今回も、「戦国焼き鳥「秀吉」で・・。 入店時に「ぶおおお~ん」とほら貝を吹いて歓迎してくれるのが面白い     まずは、日頃のご苦労さんで・・         焼き鳥に、いちいち戦国武将の名前がついているのが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あれから4年 ミニアンパン

あれから4年・・スーパーで「ミニアンパン」を見かけた。この日だけは、このアンパンを食べることにしている。3・11後、一ヶ月位、スーパーから食料品が消えたのだった。まさか、こういう事態が起きるとは考えても見なかったので、パンなどの備蓄はなかった。それで、数軒のスーパーを食料を探して歩き回ったのだった。その時、このミニアンパンだけがスーパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9年前のブナの林と一番の風邪薬

これは、9年前の11月10日のブナ林の写真・・雪が積もってた・・懐かしい風景。  雪の上に落ちていたぶなの実・・ ブナは、沢山の実をつける年と全くつけない年に分かれている。それでも、一本のブナが一生の内につける実は100万個にもなるという。熊が今年、やたら、人里に下りてくるというのは、ブナの実がつかない年…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

かき小屋 焼肉

この間の連休、おじさんたちについて行ったオーロパークで「かき小屋」発見! 「おぉ~こんな所で、大船渡の牡蠣が食べられるなんて・・    大きなぷりぷりの牡蠣・・美味しかった!!!           その後、日ごろのご苦労さんで、焼肉パーティ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一度訪ねてみたい所⑤ 続・平庭高原フォレストボード (散策の後の食べ所・飲み所) 

フォレストボードを最初に訪れたのは、2000年頃だったと思うが、パソコンが壊れた時に、2004年以前の6,7年分の写真を失ってしまった。それで、2004年からの写真を取り出してみた。          2004年 10月の写真   全国各地から訪れた人たちの描いたメッセージが鮮やか・・。    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紫蘇の花と実と紫蘇の実ソルト

こぼれ種から毎年、庭のあちこちに出てくる赤紫蘇・・一ヶ月前には、葉っぱを煮て、紫蘇ジュースを作った。今日は、実をしごいて、レモンソルト風に言えば、紫蘇の実ソルト・・まあ、単に紫蘇の実の塩漬けということ・・。冬の間の調味料として重宝。 青紫蘇は、まだ花穂が出ていない。毎朝のサラダの香り・・。   赤紫蘇の花を拡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハチ公のふるさと・比内地鶏の里

ハチ公の故郷、大館市は、何処をあるいてもハチ公に出会える・・。                ハチ公通り                ハチ公プラザ               マンホールもハチ公               ハチ公小径               ゆるきゃら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道端に巨大イサバのカッチャ

道端に突如現れた巨大イサバのカッチャ・・手にイカをつかんで何とも元気なイサバのカッチャだこと! 歴史民族用語辞典によると、イサバとは、仲買魚商人や魚問屋の事だという。カッチャとは、かあちゃんの意味・・。 巨大イサバのカッチャが立っているのは、JR八戸線 陸奥湊駅前・・ここには、陸奥湊魚菜市場がある・・ということは、魚菜市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギナ茶とうに丼

あの嫌われ者のスギナが生薬だったなんて・・吃驚もいいとこ・・。ドクダミ茶と同じような効能があって、もっと強力なんだとか・・慌てて、庭のスギナを刈って来た。陰干しにして・・  デトックス効果など、色々期待して・・飲んでみた。 おじさんが、届けてくれた三陸の生ウニ・・年に一度のお楽しみは、生ウニ丼で・・。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エデイブルフラワー チコリとナスタチューム

チコリが毎日沢山の花を咲かせている。しかし、気温が高いと10時頃には、もう黄土色に変色してしまう。 朝だけブルーの花なので、朝限定のエデイブルフラワー     ナスタチュームも毎日良く咲いてくれるので・・    チコリとの花とナスタチュームの花を摘んできて・・     カラフルサラダの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more