庭の花・黄色いクロッカス

庭中を紫にしていたクロッカスも大分草臥れて、主役を水仙やヒヤシンスなどに明け渡しそう・・その中に、一輪だけ、黄色のクロッカスが、遅れて出てきた。昔は、黄色の方が、ずっと多かったのに、年々減って来て今では、ほんとに数輪しか出てこない。

画像


裏に回ったら、紫のなかに3輪ほど混ざっていた。多分、黄色は、一番弱い種なんだろうな・・。

画像


紫や縞の逞しいこと・・。家の周り中に蔓延っている感じ。

画像


草臥れたクロッカスの傍で、ヒヤシンスの蕾が膨らんでいる。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月08日 10:38
昔は、まつばぼたんって言いませんでした?
実家にもたくさんあったのですが、今は全然ないようです。丈夫なようで、弱いのかもしれません。今年も、我が家のは葉っぱばかりです。
蕗ちゃん
2008年04月08日 18:33
山形ママンさん今晩は。マツバボタンは、夏の花だと思います。終戦の玉音放送のとき、私は、友達とマツバボタンで遊んでいましたので、強烈な記憶として残っている花です。一昨年のブログに書いているかと思いますので、よかったら覗いて見て下さい。(http://bakke.at.webry.info/200508/article_21.html
みんちん
2008年04月09日 14:35
マツバボタンは夏の花です。
私は5歳で終戦を迎えたのですが、何年か後に疎開先の千葉から、実家のあった東京・江戸川区に、祖母に連れられて行きました。
大空襲でやられた地域で、祖父もここで亡くなったのですが。
まだ瓦礫の山が残っていて、我家のあった所にはコンクリート製の防火用水が残っていました。
その周囲にピンクや黄色のマツバボタンの花が咲いていたのです。
祖母が何で幼児を連れて焼跡へ行ったのか分かりませんが、鮮やかな花のは、しっかり記憶しています。
蕗ちゃん
2008年04月10日 00:30
みんちんさん、今晩は。多分、夏のあの花だと思いますが、方言では、不思議なよび方をする事があるんですよね。私は、子供の頃は、コブシをさくらと言っていました。ヤブカンゾウは、カッコウ、クローバーは、ウマゴヤシ・・など等、今は、使わないので、多分、死語になっているとは思いますかど・・。

この記事へのトラックバック