ルバーブジャム

庭にホトトギスが咲き始めて、そろそろ霜の心配も出てきそうなので、今年最後のルバーブジャムを作ることにした。ルバーブは、何度も刈り取っていると、この季節まで使える。

画像


ジャムに関係ないけど、ルバーブのそばに咲いているホトトギス。

画像


ルバーブは、カットして砂糖をまぶして白ワイン漬けにして冷蔵庫に二晩寝かせた。

画像


砂糖もすっかり融けてワインもしみ込んだようなので、ハーブのハイビスカスを入れて形がなくなるまで煮る。火を止める前にペクチンも加えて・・

画像


・・・・ハイビスカスの赤で、今年最後の真っ赤なルバーブジャムの出来上がり。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月08日 20:23
おいしそうなルバーブジャムが出来ましたね。
自家製のジャムは安心して食べられますね~^^
2008年10月08日 21:50
こんばんわ。
ルパーブって見たこともないし、食べたこともありません。
ルパーブジャムどんなお味でしょう?!
この辺りでは育たないのこも知れませんね、きっと。
植わっているところも知りません。(私だけかしら?)
蕗ちゃん
2008年10月09日 00:35
山形ママンさん、今晩は。そうなんですよね~もう、買ったジャムは、食べられない人になってしまいました。調味料として使うときには、買ったジャムの方がいいかな・・とも思いますけど・・。
蕗ちゃん
2008年10月09日 00:47
あっこちゃん、今晩は。ルバーブは、シベリア原産ですので、東北とか長野の高地でしか栽培できないようです。福島が南限と言われていますので、多分、そちらには、無い・・と思います(しかし、白樺の例もありますよね・・)
わたしが、ルバーブを植えたのは、14,5年前なんですが、市販されていなかったので、自分で植えるしかない・・と思って苗を探して植えたのでした・・でも、最近は、大分普及してきたようで産直などでたまに見かけることがあります。
ジャムとか、パイなどに葉柄を使います。葉っぱは、使いません(漢方でいうダイオウで下剤としてつかわれるようです)
味は、野生のスイバ(スカンポ)の仲間ですから、そんな感じの味です。

この記事へのトラックバック