新型コロナウイルスワクチン接種券 祖母の命日 1分音読・星めぐりの歌

  昨日「接種券 在中」の封筒が届いた。   老人にとっては、手続きがかなり面倒くさそう・・。  🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼  今日は、祖母の66回目の命日。私は、もう  祖母より10年も長く生きてしまっているが  今日は、祖母が好きだった金盞花を供えて …
コメント:6

続きを読むread more

庭の花 1分音読・精神歌

連日の初夏の陽気に庭では、ハコベや水仙、クロッカス などの花々が一斉に咲きだしている。       今日の1分音読は「おとなのための1分音読」の中には ないが、昨日の「雨ニモマケズ」とセットで思い出さ れる「精神歌」を読んでみる事にした。 「精神歌」は、6年生の時に「雨ニ…
コメント:6

続きを読むread more

病院の日 ミニ水仙 1分音読・雨ニモマケズ

今日は、かかりつけの病院の二つの診療科の予約の日だった。 レントゲンなどの検査があった。まあ、悪化はしていないと いう事だったので、ひとまずほっとしているが、何しろ時間が かかるので、病院は疲れる。 昨夜来の風雨ですっかり濡れてしまってまるで私のような 姿になっているミニ水仙・・。 すっかり疲れたので「元気が…
コメント:6

続きを読むread more

写真で花見 「古典・名文 暗唱ドリル」から「春暁」

今、毎月の写真を整理していて、今月は、過去の3月の写真を 整理している。その中に5、6年前に妹が送ってくれた上野の桜 の写真を見つけた。面白い写真なのでこの写真で居ながらにし て花見をするのがコロナ禍の中では、私にとって一番かな・・ という事で、今日は、この写真で花見をすることにした。 面白い🐸もいることだし・・(^。^)y-…
コメント:8

続きを読むread more

1分音読 金ちゃん蛍(2)水仙とクロッカス

今日の1分音読は、昨日の続き「金ちゃん蛍(2)  神様のお部屋の窓のところへまいりますと、 「お前は何と云う虫なの。」 とやさしく問うて下さいました。 「神様、私は蛍でございますが、私にどうかい い声を下さいませんでしょうか。」 「それを頼みに来たの。よし、よし、それでは ね、声よりもいいものを上げよう。そちら向い …
コメント:4

続きを読むread more

1分音読 金ちゃん蛍(1)庭のアサツキとヤブカンゾウ

今日の1分音読も「音やせりふを楽しむ音読」から 与謝野晶子の「金ちゃん蛍(1)」  むかしむかし、蛍と云う虫がありました。 蛍は頭の処が一寸赤いだけで、あとは唯まっ 黒な虫ですから、子供たちは、 「厭な虫だね、こおろぎのようにころころとも 啼かないし、きりぎりすのように、ぎいっちょ んとも啼かないし、松虫や鈴虫のような…
コメント:4

続きを読むread more

庭のクロッカス 「1分音読」二十四の瞳(1))

突然の初夏のような陽気に、庭のクロッカスたち バフバフ開いている。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 今日の「1分音読」は、「音やせりふを楽しむ音読」 から「壷井栄」の「二十四の瞳」 「先生、こんどくる先生は?」 「さあ、そろそろ見えるでしょう。」 「こんどの先生、どんな先生?」…
コメント:4

続きを読むread more

バッケ(フキノトウ) 1分音読 武蔵野

産直で見つけたバッケ・・いつもならバッケは、その辺 から採ってくるものだったが、今は、採りに行けそうも もないので、買うことになった。 天ぷらか、バッケ味噌か・・どっちにしようか・・? まあ、初物だから今日の所は、天ぷらに・・   🌳🌲🌳🌲🌳🌲🌳🌲🌳🌲🌳🌲🌳🌲🌳🌲   今日の1分音読…
コメント:4

続きを読むread more

クロッカス 1分音読 銀河鉄道の夜

庭の色んな草花が、荒れ庭に愛想をつかして 次々消え去ってしまったが、クロッカスだけは よく毎年顔を出してくれる。   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 今日の1分音読は、「気持ちが落ち着く音読」から 宮沢賢治の銀河鉄道の夜 「さよなら。」ジョバンニはまるでなきだし たいの…
コメント:4

続きを読むread more

エリアメール 雨の日のクロッカス 1分音読・風の又三郎

昨日、夕方の6時過ぎ、携帯が恐ろしい音を立てた次の瞬間 ガタガタガタガタ強い揺れ・・長い!早く収まって!と喚き 散らしたが中々収まってくれない。 数分後、やっと収まってからエリアメールを見た。 緊急地震速報 宮城県沖で地震発生。強い揺れに備えて下さい(気象庁) この地震も3・11の余震だったらしい。震度4だったので …
コメント:8

続きを読むread more

クロッカス  1分音読 胡蝶

いつもの年なら、まだ庭には雪が残っているはずなのに 今年は、雪のかけらも残っていない・・そんな庭で、 まずはじめに顔を出してきたのはクロッカス。 今日の「1分音読」は、気持ちが落ち着く音読から 八木重吉の「胡蝶」 へんぽんと ひるがへり かけり 胡蝶は そらに まひのぼる ゆくてさだめし ゆ…
コメント:6

続きを読むread more

1分音読 富嶽百景 水菜の花

今日の「1分音読」は、元気の出る音読から 太宰治の「富嶽百景」 富士の頂角、広重の富士は、八十五度、文晁 の富士も八十四度くらい、けれども、陸軍の 実測図によって東西及南北に断面図を作って みると、東西縦断は、頂角百二十度となり、 南北は百十七度である。広重、文晁に限ら ず、たいていの絵の富士は、鋭角である。い ただ…
コメント:10

続きを読むread more

ネコヤナギ 1分音読「赤い蝋燭と人魚」

今日は、昨日の強風とうって変わってポカポカ天気・・ まるで4月下旬のよう・・でも、木々は、まだ冬枯れ の状態。 天気がいいので、えっちらおっちら墓参に行って来た。 産直で見つけた春 白い毛のようなものが猫の毛に似ているからついた名前なのか?   (=^・^=) =^_^= (=^・^=) =^_^= (=^・…
コメント:6

続きを読むread more

キャベツの花 1分音読 夜ふる雪

冬のキャベツ畑のキャベツの花が、やっと咲き始めた。 雛祭りくらいには咲いてほしかったのだが・・ お彼岸になってやっと咲いた。         今日はお彼岸の入り、墓参りする予定だったが強風の ために中止。 …
コメント:4

続きを読むread more

北へ帰るの~♪

ニュースで、高松の池の白鳥の数が大夫減ってきている ことなどが伝えられている。いつもなら屋根の上の あたりをギャーギャー騒ぎながら飛んでいく白鳥の姿を よく見かけるのだが、今年は、外に出ていないせいか声 も聞いていない・・でも、多分、こんな風に飛んでいる のだろうな・・(2016年3月のアルバムから) そういえば、5,6年前…
コメント:6

続きを読むread more

おかめ様

アルバムの整理をしていたら、5年前の3月のアルバムに 妹が送ってくれたおかめ像をみつけた。 京都の千本釈迦堂大報恩寺のおかめ像なのだという。 大報恩寺にお参りすると、境内にある「おかめ塚」に 因んで「縁結び”」「夫婦円満」「子授」等のご利益が あるのだという・・しかし、現在の私には、まあどれも 殆ど要らないご利益なのだが・・…
コメント:6

続きを読むread more

セシュームという言葉

これは、2012年6月、産直の入り口に立っていた看板 H24放射性セシウム検査結果 上記☆マークで採取した農産物はすべて基準値以下です。   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ セシウムなどと言う言葉は、今では殆ど聞かれなくなっているが、 震災後の数年間は、野菜や牛乳、山菜等々は…
コメント:4

続きを読むread more

あの日あの時の事

当時の日記から  2011・3・11、激しい余震が続いている中、近くに出張で来ていたというおじさんが、近くのスーパーで買って来たというインスタントラーメン、レトルト食品などを沢山もって避難してきた。おじさんは、「これで、一週間くらいは、食べられるよ。」と言っていたのだが、その時には、まだ店頭から食料品が消えてしまうということなど想…
コメント:4

続きを読むread more

3・11を振りかえって

3・11を振り返って、今までの記録を読み返している。 2011年の日記から 2011・3・11の記憶を、きちんと記録しておけばよかった・・と、今になって思うのだが、あの時には、到底そういうことが出来る状態ではなかった。数日間、思考力も何もストップしてしまうような日々を過ごしていた・・それに停電中だったので、ブログなど更新できるは…
コメント:8

続きを読むread more

あれから10年

今日の新聞・・岩手日報、河北新報、福島民報 岩手・宮城・福島の3紙による合同の記事 あの日のことは、思い出すだけで今でも胸が苦しくなる。 しかし、忘れてはいけない一日。       🌊 🌊 🌊 🌊 🌊 🌊 東日本大震災から10年 災害列島・日本 49人の写真家が伝える“地球異変”…
コメント:8

続きを読むread more

3月10日という日

84年も生きていると、過去の記憶がどんどん 薄れていく。そのうちに記憶が無くなって しまうかもしれない・・という恐怖もある。 それでも、生きている限り絶対に忘れては いけない日がある。3月10日という日は その1日。 3月10日は、74年前、東京大空襲のあった日。 最近はテレビなどでも殆ど取り上げられること が無くなった…
コメント:10

続きを読むread more

1分音読 魯山人の料理王国(2)

「今日も、1分音読は、(魯山人の料理王国)で 昨日の続き。 「とふっち、今日は、薬味の話のようだね・・」         魯山人の料理王国(2)  北大路魯山人  一、薬味 ネギの微塵切り、蕗の薹、独活(ウド) ひね生姜のおろしたもの、七味唐がらし、茗 荷の花、柚子の皮、山椒の粉など、こんな薬 味がいろい…
コメント:8

続きを読むread more

1分音読・魯山人の料理王国(1)とふっち

「今日の元気の出る音読は、北大路魯山人の(料理王国)  で、湯豆腐の話だからね、とふっち、出番だよ。」  魯山人の料理王国(1) 湯豆腐を作るには次のような用意がいる。 一、土鍋 土鍋があれば一番よいが、なけ れば瀬戸引き、ニュームなどで我慢するほ かはない。が、これらは感じも悪いし、煮え …
コメント:6

続きを読むread more

白鳥   元気の出る音読「三四郎」 

病院の網戸越しに見えた白鳥 飛行練習かな・・屋根の上を飛ぶ白鳥    夏目漱石の「三四郎」は「漱石先生とドイツ語」の 著者、小宮豊隆がモデルだという事なので、今日の 1分音読は、夏目漱石の「三四郎」に決定。 「三四郎」  夏目漱石  うとうとして目が覚めると女は何時の間 にか、隣の爺さんと…
コメント:4

続きを読むread more

1分音読・漱石先生とドイツ語 続き 福寿草

 元気の出る1分音読・漱石先生とドイツ語の続き  勿論私には、先生の邪魔をしては悪いという 気持ちは、十分にあった。それだから先生が創 作なり読書なり思索なり、ともかく「仕事」 をし始めそうな時刻になると、私はさっさと 先生のそばを引き上げて茶の間へ行き、奥さ んだのお嬢さんだのを相手に、なんということ もなく愚図愚図…
コメント:4

続きを読むread more

マンサクの花 1分音読 漱石先生とドイツ語

今日の元気の出る花は、雪の中でも、まず咲く マンサクの花。  ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨ 今日の1分音読も、やはりお札に関係のある漱石 先生の話題になっている。 元気の出る1分音読 漱石先生とドイツ語 小宮豊隆   漱石先生にドイツ語を教えたことがある。 それは明治四十二…
コメント:8

続きを読むread more

 1分音読・たけくらべ  座禅草

元気が出る音読の中に「たけくらべ」があったので、 お札にまでなっている樋口一葉の作品を、原文で読ん だことが無かったので、ちょっとだけでも触れられる と、喜んで、読んでみたが難しい。句点が少ないので、 とても読みずらい。ワンポイントアドバイスには、 「たけくらべの冒頭、歯切れよくトントンと進む 江戸っ子気質文体を堪能してくだ…
コメント:4

続きを読むread more

バーチャルスキー蔵王温泉スキー場 1分音読

今日のバーチャルスキーは、10年前の3月のアルバムで 蔵王温泉スキー場へ         ゴンドラで山頂駅へ   山頂の首まで埋まっている地蔵尊 この日は、残念なことに猛吹雪だった。ホワイトアウト 状態での滑りだったので、何処を滑っているのかわから なくて先導してくれるおじさんの赤いウエア…
コメント:4

続きを読むread more

病院の日 1分音読 蜘蛛の糸

今日は、二つの診療科かけもちの日。今日もレントゲン だったが、今日は、前回よりは少し痛みが引いていたので、 少しばかりは楽だった。16日のエコーの結果もどちらも、 まあまあ悪化はないという事だった。 💊💊💊💊💊💊{%薬webr…
コメント:8

続きを読むread more