「エール」と「ビルマの竪琴」

朝ドラの「エール」を見ていて、ふっと思い出したのが
子供の頃に繰り返し何度も読んだ「ビルマの竪琴」だった。
ビルマの竪琴は2度も映画化されている。どちらも見てい
るし、本も、大人になってからも何度か読んだ。
昨日から「エール」は、ビルマの戦場だった。
「エール」も「ビルマの竪琴」もビルマと歌にまつわる話
だったから遠い記憶が甦ったのかもしれない。戦場で
歌った歌は、「エール」では「露営の歌」ビルマの竪琴では
「埴生の宿」と違うが、どちらも人の心に訴えたことは
共通なのだろうと思う。

今日の「エール」の戦場のあの累々とした屍・・インパール
作戦の無残さが伝わってくる場面だった。あの画像を見てい
たら、幼時に歌ったこんな歌も蘇って来た・・

海ゆかば水く屍 山ゆかば草むす屍
    大君のえにこそ死なめ 顧みもせじ


ビルマの竪琴の映画に出てくる涅槃像を見てみたいと思って、
30数年前に、学生時代の友人を誘ってタイのロケ地に行った
ことがある。
この写真は、ここで「お~い、水島」とみんなで呼んだのかなど
と思って映してきた涅槃像・・。

IMG_8581 涅槃像.jpg

  ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

ビルマの竪琴 [ 石坂浩二 ]

価格:3,912円
(2020/10/14 10:15時点)
感想(1件)




ビルマの竪琴 (21世紀版・少年少女日本文学館) [ 竹山 道雄 ]

価格:1,540円
(2020/10/14 10:15時点)
感想(1件)


"「エール」と「ビルマの竪琴」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント